MENU

オリゴ糖を飲むことでアトピーが治るって本当なの!? なぜ治るの?

オリゴ糖を飲むことでアトピーが治るって本当なの!? なぜ治るの?

 

オリゴ糖を摂ることでアトピーが治ったということを聞いたことはありませんか?

 

アトピーが原因で肌荒れや肌の痒みに悩んでいる方に朗報です。オリゴ糖を飲むことでアトピーを改善できたというケースはたくさんあります。今日は、アトピーにオリゴ糖が効く理由と徹底解説します!

 

 

腸の働きとアトピーの関係

オリゴ糖を飲むことでアトピーが治るって本当なの!? なぜ治るの?

腸内には、悪玉菌、善玉菌、日和見細菌と呼ばれる菌が存在しています。1番多いのは、日和見細菌と呼ばれる善玉菌でも悪玉菌でもない日和見細菌とよばれる中間の菌です。

 

アトピーの原因の1つに腸内での悪玉菌の活動がもととなるものがあります。悪玉菌は、腸内で残渣(消化吸収した後の食べ物の残りカス)を腐敗させ、そこから有毒物質を出します。
その有害物質は、腸の壁を通して血液中に取り込まれます。これにより、免疫力が低下してしまうのです。

 

アトピーはアレルギーの一種で、体の免疫反応により肌荒れやかゆみを引き起こしてしまうものですから、免疫低下はアトピーの大敵です。

 

 

腸内環境と善玉菌の関係

では、この悪玉菌の活動を止めるにはどうすればよいのでしょうか。

 

答えは善玉菌を活性させること。
善玉菌の主な仕事は、腸内のpHを低下させることで腸内環境を弱酸性にします。
これにより、悪玉菌の活動が抑えられるため、悪玉菌による腐敗や有毒物質の発生を抑える働きがあります。

 

また、善玉菌の種類によっては、病原菌の感染予防、下痢の発生を抑制、腸内の蠕動運動を活発にする、などの作用があります。腸の蠕動運動が活発になれば、お通じがよくなりますので、早く悪玉菌が体内から出ていきます。

 

アトピーの原因であった悪玉菌の働きを抑制と悪玉菌の排せつに効果的なので、善玉菌を増やすことでアトピーが治ることに貢献しています。

 

つまりオリゴ糖を飲むことでアトピーがよくなることはあるといえます。

 

 

オリゴ糖とアトピーの関係

では、なぜオリゴ糖がアトピーを改善してくれるのでしょうか。

 

それは、オリゴ糖が善玉菌を助ける作用を持っているからです。

 

オリゴ糖はプレバイオティクスと呼ばれ、消化管で消化吸収されることなくそのまま腸へ届き、善玉菌の栄養素となります。善玉菌の栄養素になるということは、善玉菌の活動を活発にしたり、増殖を助けたりという非常に大きなメリットがあります。つまり、オリゴ糖は善玉菌を助けることで、悪玉菌の働きを抑え、アトピーの軽減へと働くのです。

 

アトピーには様々な原因があり、まだまだ解明されていないものもたくさんあります。しかし、腸内環境が原因のアトピーについては、このように理由が解明されています。

 

ぜひ、オリゴ糖を摂取して腸内環境を正常化し、少しずつアトピーを改善していきましょう!

 

おすすめのオリゴ糖についてはこちらをご覧ください>>

 

 

このページの先頭へ