MENU

妊婦さんが便秘になってしまう原因とはいったい?

新生児の便秘の原因について 便秘が治らない理由はこれ!

 

妊娠してから、便が出にくくなった、便秘になった、ということはありませんか?また、奥様やお友達からそのような話をきいたことはありませんか?

 

妊娠すると、体調の変化から便秘が起こりやすいのです。今回は、妊婦さんの便秘の原因について解説いたします。

 

 

妊娠すると便秘になる原因

ホルモンバランスの変化

妊娠をすると、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。このホルモンは、消化器官の蠕動運動を低下させる働きを持っています。
しかし、この黄体ホルモンは子宮で胎盤を形成する重要なホルモンなので、妊娠すると必ずたくさん分泌されます。
これにより、妊婦さんは便秘になりやすいのです。

 

食生活の変化

妊婦さんは、つわりにより、食事量が低下しがちです。便は食べ物の消化吸収が終わった後の残りカスです。
食事量が低下すると、この残りカスの量も低下しますので、便秘になります。
無理に食べることや吐くことを我慢することもできないので、これも妊婦さんの便秘の絵原因の一つです。

 

疲労やストレス

こちらは、妊娠していない人でも起こりうる原因と同じです。
体の調子は自律神経やホルモンのバランスなどで、非常に繊細にコントロールされています。
そのバランスが乱れると便秘や下痢を引き起こしてしまいます。
妊娠により生活環境が変わると、ストレスに対する感受性が変わってしまうのも当然です。
よってストレスで便秘になってしまう妊婦さんも多くいます。

 

 

運動不足

大腸の動きを活発にするには、機械的な刺激も重要な要素の1つです。
運動をすることで、体が刺激され、同時に腸の活動も活発になります。
しかし、妊婦さんは安定期に入るまではなるべく安静にしていたり、妊娠後半は体が重くて動きにくいなど、運動不足になりがちです。
1番はお腹の赤ちゃんの健康ですから、自分の運動不足よりも赤ちゃんを優先するのは大切なことですが、これも便秘の原因の1つとなってしまうのです。

 

 

妊婦さんの便秘対策の注意点

妊婦さんの便秘対策のために注意したいことは、医師に相談せずに下剤を使ってしまうことです。
お母さんと赤ちゃんはへその緒で繋がっていますから、お母さんが飲んだ薬は赤ちゃんにも影響してしまうことが多くあります。
そのため、自分の判断だけで下剤を飲むことはやめておきましょう。
乳酸菌飲料やオリゴ糖、ヨーグルトなどを摂取し、腸内環境を整える便秘対策をしながら、それでも便秘が治らなかったときに医師に相談すると良いでしょう。

 

妊婦さんの便秘の原因はたくさんあります。

 

 

ストレスや思うように食事が食べられない、運動ができない、体がだるい…など妊婦生活は大変ですよね。

 

 

赤ちゃんと自分の健康のためにも、腸内環境を整える便秘解消方法や医師の指導のもとでの薬の服用で、便秘を解消していきましょう!

 

 

便秘に悩む妊婦さんが便秘を解消できた口コミ体験談

 

おすすめのオリゴ糖についてはこちらをご覧ください>>

 

 

このページの先頭へ