MENU

便秘解消のためにオリゴ糖を摂りすぎると虫歯になってしまうの?

虫歯

 

よく巷では、オリゴ糖は砂糖と同じで摂りすぎると虫歯になりやすくなるといわれているようです。

 

とくに赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませるさいに、本当に飲ませていいのか?
と不安に思われる方はおおいようです。

 

 

ですが、結論から言ってしまうとオリゴ糖を摂ることで虫歯になりやすくあってしまうということは一切ありません。

 

ある歯科医はこういっています。

 

虫歯の本当の原因は食生活


歯科医のラルフ・スティマンと同僚のジョン・レオノーラにより、虫歯は食生活の結果としての身体の生理的状態が引き起こしていることが証明されています。脳の視床下部は、下垂体を通して、神経系と腺組織の関係を調整しています。
2人は視床下部が、耳下腺ホルモン放出因子を媒介として、顎骨の中の耳下腺と交信していることを発見しました。視床下部が耳下腺を刺激すると、耳下腺は耳下腺ホルモンを放出し、ミネラルの豊富な歯のリンパ液が歯の微小細管を通じて移動するように誘導します。
このミネラルが豊富な液体は歯をきれいにして再石灰化する役割を果たしているのです。虫歯の原因となる食事が摂取されると、視床下部は耳下腺に歯牙を再石灰化する液体を循環させるホルモンの分泌をストップするように伝達します。

 

このミネラル豊富な液体の分泌の阻害が長期間続くと、歯が破壊されます。これが私たちのよく知っている虫歯です。わりと粗悪な食事をしているのに虫歯にならない人がたまに存在しますが、耳下腺が歯の再石灰化を担当しているということならば、納得できるというものです。彼らは強い耳下腺を生まれつき持っているのです。
スティマン博士のラット実験では、バクテリアは酸を生成しますが、虫歯が存在することと、バクテリアが生成した酸には、相関関係がないことが示されています。虫歯が腺組織によって調整されており、それは食べ物によって制御されるホルモンを通じてなされていることを明かにされたのです。

引用元;http://www.friends-dc.jp/

 

 

つまり、虫歯の原因は砂糖などの糖分ではなく、食事の内容によるものだということです。

 

そのため、オリゴ糖をいくらとったところで虫歯になるということはありません。

 

 

むしろ虫歯になりたいとのであれば、虫歯になりにくい食生活を心がけることが大切だということです。

 

 

便秘解消の効果が高いオリゴ糖ランキング>>

 

 

 

ちなみに、虫歯になりにくい食事というのは、アルカリ度を持った食事をするといいそうです。
(口の中をアルカリ性にして歯を溶けにくくするため)

 

アルカリが多く含まれる食品は、ほうれん草、大豆、インゲンなどがあります。

 

 

 

 

このページの先頭へ