MENU

便秘と口臭の関係性について | 根本的に口臭を改善するには?

便秘と口臭の関係性について | 根本的に口臭を改善するには?

 

口臭の原因は様々ですが、便秘の立派な口臭の原因のひとつです。
便秘で臭くなるのはオナラだけ…ではないのです。また口臭の原因も食べ物や虫歯だけ…ではないのです。
今日は便秘と口臭の関係を徹底的に解説します。

 

 

腸のニオイが口臭に繋がるわけ

便秘と口臭の関係性について | 根本的に口臭を改善するには?

お酒を飲むと、呼気がアルコールくさくなる、ニンニクを食べると口がニンニクくさくなる、というのは頻繁に耳にしますよね。
アルコールの場合は吸収されたアルコールが血中へと回り、それが呼気として口から出ていきます。ニンニクの場合は、アリシンと呼ばれるニオイ物質が同じように吸収され、血中に回り、呼気として出ていきます。

 

このように、腸内で吸収されたものはニオイ成分として私たちの息のニオイへと繋がって行くのです。

 

 

便秘と腸内の有毒ガス

さて、便秘になると、腸内に長い間便がたまります。大腸菌、ウェルシュ菌のような悪玉菌により、食べガスの腐敗と発酵が進むと、悪臭を放つ有害な物質が発生してしまいます。

 

有名どころでは、アンモニアが臭いニオイの原因物質として発生します。悪玉菌は主にタンパク質を分解したアミノ酸を使って活動をします。アンモニアもアミノ酸も窒素を成分として含むため、悪玉菌が活動をするとアンモニアが発生するのです。
そして、アンモニアのような臭い成分がガス化することで、腸内のニオイは臭くなるのです。

 

あとは、先ほどお話しした通り、腸内で吸収されたニオイ成分が血液中に入り、そのまま呼気として口から出ていきます。また、呼気だけでなく、汗になって皮膚から出て行ってしまうなど、全身が臭くなってしまうことも少なくありません。

 

 

ニオイはもう1つのルートでお口へ

口、食道、胃、腸、大腸、肛門、と消化吸収系の器官は1つのルートで繋がっています。腸で発生した臭いガスの多くは先ほどのルートかオナラとして外へ出ますが、稀にゲップとして口から出ていくこともあります。

 

こうなると、血液を通したルートではなく、直接ガスが口から出ていくことになるので、自分でも非常に不快になるような臭いゲップが出るのです。
便秘による口臭の原因は、悪玉菌の活動が活発であることや、なかなか腐敗した物質が体内から出ていかないことが原因です。

 

便秘を解消するには?

便秘を解消する方法としては、食物繊維をたくさん摂る、しっかり水分補給をする、オリゴ糖を摂取する、運動習慣をつけるなどの様々な方法が挙げられます。

 

そして、対策をすれば便秘は必ず解消できます。便秘が原因でクサイ人…だなんて思われたら人生損!
便秘を解消するための行動を早急にとることをおすすめします。

 

 

手軽にできる便秘解消法

上に上げた便秘解消法の中でも、手軽にできる解消法は「水分をしっかりと補給する・オリゴ糖を摂取する」です。

 

なかでもオリゴ糖は、目に見えて便秘を解消することができるのでおすすめです。
私も便秘の際に、オリゴ糖を摂取しましたが1週間ほどで宿便を輩出することができ、なおかつ口臭の改善もすることができました。

 

おすすめのオリゴ糖についてはこちらをご覧ください>>

 

 

 

 

 

このページの先頭へ